看板製作事業

  • HOME
  • 看板製作事業

各種看板紹介

壁面看板

主にお店の正面部分につけるこの看板は、いわゆるお店の「顔です」。
社名や診療案内など店舗入口付近に設置したり、写真などを壁一面に貼り付けたり、用途に応じて壁面を活用します。
看板の大きさやデザインでお店の「顔」の印象が変わります。
使用できる素材も多く、演出の幅が広いです。

懸垂幕

テント生地などに使われる厚めの丈夫な生地を屋根や屋上などから吊り下げます。
イベントや広告に利用されたり、主に短期間で使用されるケースが多く、イベントなどに最適なサインです。
お店のイメージや雰囲気作りに利用される方もいます。

突出し看板

建物の壁面から突き出している看板。
看板を設置するスペースがない場合によく利用されます。
照明器具を入れると、夜でもハッキリと認識されます。

ウィンドサイン

建物の窓のガラスなどにシートをご希望の形にカットして貼ります。
クリニックでは入口に診療時間を示したり、ラインを入れて目隠しなどにも利用されています。

箱文字

薄い鉄板や、ステンレス板、アクリル板等で作る立体的な文字や数字の看板ことです。
箱状に作られ、裏側は空洞になっていて、その部分に照明を仕込み、壁面に取り付けることで、内側に設置した照明の光が壁面に反射して、バックライトのように光があたり、夜間でもサインをくっきりと浮かび上がらせることで視認性を高め、印象強くすることができます。

自立看板

店舗敷地内または隣接地に設置する看板です。
店舗のランドマークともなる看板です。

電柱広告

壁面の開口部上のスペースに設置する横長の看板です。
コンビニの看板などによく利用されています、より小規模なものも多く製作されています。

テント看板

看板としての役割の他に店頭の演出にも利用されます。
可動式のオーニング型や固定式の日除けテントなどバリエーションは豊富です。

屋上看板

ビル等の屋上に設置する看板です。遠くからの視認性が良いです。また、ネオンを使うことで夜でも文字が浮かび上がり遠くからでも認識できます。
さらに意匠面全体を照らしたいときはスポットライトを設置することで大きくアピールすることが出来ます。

カッティングシート

お店のドアや窓ガラスなどに文字やロゴなどを貼り付けて、店名・業務の内容などをアピールできます。